【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険Q&A】飛び石でフロントガラスにヒビが入った

飛び石でフロントガラスにヒビが入った場合は相手の自動車保険で補償してもらえますか?

 

高速道路や自動車道路を走っていると、他の自動車が飛ばした石が飛んできてフロントガラスにヒビが入る事がありますが、この保障を石を飛ばした自動車に補償してもらうのは、とても難しいです。

 

それは、どの自動車が石を飛ばしたのか分からない場合が多く、また、仮に自動車に乗っていた自分が、飛び石を飛ばした自動車が分かっていたとしても、その事実を客観的に証明することは困難だからです。

 

車両保険に入っていないと補償されません

 

その為、飛び石で発生したヒビを自動車保険で治すには、自分の自動車保険に車両保険が設定されている必要があります。そして、飛び石で発生したヒビを車両保険で治すと、翌年の等級が1段階ダウンして、1年間事故ありの等級になります。

 

つまり、車両保険で飛び石のヒビを治す際には、等級ダウンによる保険料の値上がり費用とヒビの修理費を比べて車両保険を使うかどうか選択する必要があります。

 

自動車の種類にもよりますが、一部分のヒビであれば、車両保険を使わずに、実費で修理した方が、保険料の値上がり費用よりも修理費が安く済む事が多く、広範囲にヒビがある場合には、車両保険を使ってヒビを治した方が、保険料の値上がりよりも修理費が高くなるので、車両保険を使った方が得になる場合が多いです。

 

補償と等級の関係

 

自動車保険の補償を使うと等級がダウンすることが多いです。飛び石によるヒビを補償する為に、車両保険を使うと、1等級ダウンして、1年間は事故あり等級になります。また、自動車事故に補償を使った場合には、3等級ダウンして、3年間は事故あり等級になります。

 

補償を使うと等級がダウンして保険料が高くなる、この自動車保険の仕組みは事故を起こすと憎らしく見える仕組みですが、事故を起こしやすい人は高い保険料を負担する、そして、事故を起こし難い人は低い保険料を負担するという、公平な保険料を実現する優れた仕組みだと思います。