【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険Q&A】弁護士費用特約を付ける判断基準は?

弁護士費用特約を付けるかどうかの判断基準は何でしょうか?

 

自動車保険の弁護士特約をつけるかどうかの判断基準は、いざという時の手間が弁護士特約の費用に見合っていると思うか、どうかだと思います。

 

自動車保険は基本的には、自分が起こした事故に対しての示談や保障を行う契約です。その為、自分が全く悪く無い事故の場合には、自分の自動車保険を使うことはできませんので、その場合には、全て自分で事故の対応を行う必要があります。

 

相手との直接交渉は想像以上に大変です

 

相手が任意保険にしっかりと入っていて、任意保険によって保障してくれるのならば、対応はそれ程負担にはなりませんが、何らかの理由で相手が任意保険に加入していない場合や、任意保険を使わない、となると、今後の保障については、相手との直接交渉が必要になります。

 

大きな事故であればある程、その交渉には大きな労力が必要であり、交渉をまとめるのも容易なことではありません。場合によっては何ヶ月も協議することもあります。そして、その交渉は事故によって治療を行っている間も続けなければならないので、大きな心理的な負担になります。

 

弁護士費用特約は比較的安いので付けておいた方が無難です

 

このような労力を、自動車保険に弁護士特約をつけることで解消することができます。

 

弁護士特約をつけておけば、自分が起こした事故以外の事故でも、弁護士に対応をお願いすることができ、自分は事故から離れて、治療に専念することも、仕事や家庭といった日常生活に戻ることもできます。

 

弁護士特約は保険会社によって多少変わりますが、年間1000円程の費用で自動車保険につけられます。特約の中でも、それ程高額では無いので、いざという時の手間を考えれば、つけておいた方がよい特約だと思います。

 

弁護士特約の重複にご注意ください

 

複数台の自動車を所有している方が、その内の1台に、弁護士特約をつけると、他の車にも弁護士特約が適用されます。

 

そのため、もし何かの間違いで複数台の車に弁護士特約をつけてしまうと、保険料を重複して支払うことになります。これは、とてももったいないので重複しないようにご注意ください。