【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険Q&A】車両保険の免責って何?

車両保険の免責って何ですか? それから、金額はどうやって決めればいいんですか?

 

車両保険の免責金額とは、事故が起こった際に自己負担する金額の事です。

 

もし、事故を起こして修理代が発生しても、免責金額以下の修理代は支払われません。

 

また、修理代が免責金額を超えている場合には、免責金額を差し引いた修理代が支払われます。

 

もし、相手がいる事故の場合に、相手の過失割合が高く相手からの負担金がある場合には、相手からの負担金が免責金額に充当されます。

 

免責金額と保険料の関係

 

免責金額を小さくすれば、事故の際の修理代の自己負担金額は少なくなりますが、月々の保険料は高くなります。

 

また逆に、免責金額を大きくすれば、事故の際の修理代の自己負担金額は多くなりますが、月々の保険料は安くなります。

 

免責金額を決める際には、月々の保険料と、自分に必要な保障額を考慮して決めるのが良いでしょう。

 

免責の契約金額の見方

 

車両保険の免責の契約には、0-10、5-10、10-10などがあります。

 

これは、左の数字が一回目の事故を起こした際の免責金額、右の数字が二回目以降の事故を起こした際の免責金額です。それぞれ、単位は万です。

 

例えば、免責金額を0-10で契約した場合では、一回目の事故の免責金額は0で、二回目以降の事故の免責金額は10万円という契約です。

 

免責金額の数字が大きくなる程、月々の保険料は安くなります。

 

修理代と保険料の関係

 

免責金額を超えた修理代は、全て保険で賄うことが必ずしも良いとは言えません。

 

保険を使うと等級が下がり保険料は値上がりします。

 

その為、値上がりする保険料の料金と比べて、明らかに修理代の方が高い場合には保険を使った方が良いのですが、値上がりする保険料よりも修理代の方が安い場合には、保険を使わない方が良い場合もあります。

 

その時の経済状況や値上がりする保険料を確認してから、保険を使うか決めるのが良いでしょう。