【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険の基礎知識6】無事故等級を引き継ぎ

 

自動車保険の保険料の基準となる無事故等級は、満期になって切り替えないまま放置すると、引き継げなくなることを知っていますか? え? ずっと使えると思っていた。そう思っている方も多いと思います。

 

自動車保険に加入していても、無事故等級について解説してもらう機会は、なかなか無いです。この記事では、そんな知ってるようで知らない無事故等級の仕組みについて解説していきます。

 

無事故等級の仕組み

 

無事故等級は、正式には「ノンフリート等級別料率制度」という名前がついています。そして、無事故等級の目的は公平な保険料の負担です。そのため、事故を起こさない方には保険料が安くなり、逆に事故を起こした方には保険料が高くなるようにできています。

 

無事故等級の上がり方・下がり方

 

具体的には、保険料の基準となる等級が1〜20まで20段階に分かれて設定されています。始めて自動車保険に加入した方は6等級からスタートします。そして、1年間無事故で過ごすと、翌年は1等級上がります。等級は上がるほど保険料が安くなるので、無事故の年数が増えれば増えるほど保険料は安くなります。20等級まで等級が進むと、6等級と比べて保険料は約半額になるほど安くなります。

 

しかし、逆に事故を起こすと、翌年は等級が3等級下がります。そして、等級が下がれば下がるほど、保険料は高くなります。6等級と1等級の保険料を比べると、1等級の方が約1.5倍にもなります。できるだけ事故を起こさないように、安全運転を行うことが、保険料を安くすることに繋がります。

 

無事故等級は他の保険会社と共有している!

 

また、保険会社は無事故等級情報を共有しているので、他の保険会社に移動しても、基本的には無事故等級は引き継がれます。ただし、自動車保険が満期になってから7日以内に、無事故等級を引き継いで新しい自動車保険に加入する、もしくは、自動車保険の中断証明書を発行してもらわないと、無事故等級が消えてしまいます。

 

そして、この情報を見て、等級が上がっているので自動車保険を満期で放置して、無事故等級をリセットしようと思った方もいるかもしれませんが、無事故等級の6等級以上、1〜5等級の方は7日で、無事故等級が消えません。1〜5等級の方の無事故等級は、満期後から13ヶ月は保存されます。

 

うっかり満期切れにならないために

 

自動車保険を、うっかり満期切れにならないように、手帳やスマホに満期の時期を記入したり、保険会社からの自動車保険満期のお知らせを受け取ったら、なくさないようにすることが必要です。せっかく、何年もかかって無事故等級を上げたのに消えてしまうのは、本当にもったいないので、自動車保険の満期の時期は忘れないようして下さい。