【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険の基礎知識14】納車前に自動車保険の手続き

 

実は自動車は納車前に、自動車保険に加入できることを知っていますか? 自動車保険に加入するには車検証の記載事項があれば、加入できるので、実際に車が手元になくても、自動車保険に加入することができます。

 

この記事では、納車前に自動車保険に加入する方法について解説していきます。

 

納車後の手続きではリスクがある

 

実は、車の納車後からの自動車保険の手続きではリスクがあります。それは、納車されたすぐに後に事故に合う可能性があるからです。そのため、できることなら納車前に自動車保険に加入しておくのが良いと思います。

 

中古車販売店等に車検証をFAX・メールで送ってもらう

 

納車前に自動車保険に加入するには、車検証の記載事項が必要です。ディーラーや中古車販売店などの車を購入したお店にお願いすれば、車検証のコピーをFAX・メールで送ってくれる所が多いです。

 

また、車を購入したお店が自動車保険を取り扱っていて、そのお店で自動車保険に加入する場合には、お店が手続きを行ってくれることもあるので、確認してみて下さい。

電話で必要事項を教えてもらってもいい

 

納車前に自動車保険に加入するさいに必要な事項は、車検証の記載事項です。つまり、車検証自体は必要ないので、もし、車検証の発行が間に合わない場合には、車を購入するお店に電話などで車検証の記載事項を教えてもらって自動車保険に加入することもできます。

 

この場合、念のために、後で発行された車検証の記載事項と、自動車保険に登録した事項が合っているか、確認した方が良いでしょう。

 

納車された時点では自動車保険に入っている状態に

 

できることなら、車を納車された時点では自動車保険に入っている状態にしておくのが良いでしょう。納車後に無保険で事故に合うことなんてないだろう、と思うかもしれませんが、事故を起こす可能性はどんな時でも0ではありません。万が一に備えて、納車前に自動車保険に加入されることをお勧めします。