【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険の基礎知識12】他社に変更する場合の注意点

 

ネット広告やテレビCMを見ていて、「自動車保険を乗り換えた方がお得なのかな?よし、乗り換えよう!」と思った方はいませんか?

 

でも、ちょっと待って下さい。自動車保険を乗り換える時には、損にならないように、気をつけなければなりません。それは、ただ自動車保険を乗り換えるだけだと、得をするどころか、損になってしまうことがあるからです。

 

この記事では、そんな自動車保険の乗り換え時に、損をしないように注意するポイントを解説していきます。

 

【1】「時期」に関する注意点

 

自動車保険の保険料を安くするために、自動車保険を乗り換えるのなら、乗り換え時期は、自動車保険の更新時期が最適です。更新時には、等級が繰り上がるので、繰り上がった後に、すぐに自動車保険を乗り換えるのが良いです。

 

【2】「連絡」に関する注意点

 

自動車保険会社に連絡をすれば、自動車保険を解約することができます。解約の方法は、電話で解約できるところや、書面での解約をするところなど様々です。また、解約の手続きは保険会社にもよりますが、約1週間かかりますので、解約の連絡は余裕をもって早めにするのが良いでしょう。

 

【3】「返金(※中途解約)」に関する注意点

 

更新時期以外で自動車保険を解約すると、保険料の1部が返ってきます。自動車保険は、1年分の保険料を先払いして支払う場合が多いので、自動車保険を期間の途中で解約した場合には、未消化の保険期間の保険料は返ってきます。

 

ですが、1年分の保険料を12分割して、1ヶ月の保険料を考えていると、返ってくるお金は少ないなと感じると思います。これは、自動車保険の保険料は純粋な保険料と、保険会社の手数料を合わせて、保険料として請求されているからです。

 

年度の途中で自動車保険を解約すると、純粋な保険料の部分は返金されますが、保険会社の手数料の部分は返金されません。そのため、手数料分だけ少ないなと感じるのだと思います。

 

【4】「等級」に関する注意点

 

自動車保険の更新前の等級が繰り上がる途中の期間で、自動車保険を乗り換えると、乗り換えた先の1回目の等級繰り上がりの時期に等級が繰り上がらず、その次の等級が繰り上がる時期に、ようやく等級が繰り上がります。つまり、等級の繰り上げ期間を無駄にしないためにも、自動車保険の更新時に乗り換えるのが良いと思います。