自動車保険見積もり比較ガイド「去年より7240円安くした方法を教えます!」

MENU

【自動車保険の基礎知識11】不要な補償・特約は外す

 

自動車保険は、保険適用範囲や、特約の内容、保障額などの複数の要素を個人の条件に合わせて、組み合わせて作られています。そのため、自動車保険は複雑です。そして、自分の自動車保険の内容を聞かれて、はっきり答えられる方は少ないと思います。

 

実は、自動車保険の中の保障や特約がダブっている場合や、ライフスタイルに合わなくなっている場合があるので、自動車保険は適度に見直してみることが必要です。この記事では、自動車保険の補償や特約の見直しについて解説していきます。

 

補償がダブっていないか?

 

自動車保険の補償に、人身傷害保険と搭乗者傷害保険という補償があります。この2つの補償は、車に搭乗している人に対しての補償であり、両方の保険の補償内容はダブっています。

 

何故同じ補償目的の保険があるのか?というと、人身傷害保険の補償を手厚いものにすることを目的に、搭乗者傷害保険があります。そのため、人身傷害保険の補償内容で充分な方は、搭乗者傷害保険は必要ないと思います。

 

また、車を複数台所有している場合には、1台の自動車保険に弁護士特約をつければ、他の車でも弁護士特約を使用することができます。そのため、複数の自動車保険全てに弁護士特約をつける必要はありません。

 

リスクをどこまで背負えるか

 

自動車保険料を検討していくと、リスクをどこまで背負えるか?という問題になります。保険料を安く抑えても、事故を起こした時に補償が足りなくなったら、保険に加入している意味がありません。保険料を安くするなら、まずは車両保険を検討し、その後に、傷害保険の検討をするのが良いと思います。

 

車両保険は自分の車の補償ですので、最悪なくても車が治せない、買い直せないだけなので莫大な費用を請求されることはありません。また、傷害保険を検討するにしても、少なくとも事故を起こした時に莫大な費用を請求されることを考慮すれば、対人賠償保険無制限、対物賠償保険無制限、人身傷害保険無制限は必要だと思います。