【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険の基礎知識4】事故対応サービスの流れ

 

だれでも、事故を起こしてしまうとパニックになって冷静な対応ができなかったりするもの・・・。だからこそ、「もし事故を起こしたらどうするか?」ということについて、普段から頭のなかでシュミレーションしておきたいものです。

 

ここでは、事故を起こしてしまったときに、あなた自身がどのような初動対応をするべきか? そして保険会社の事故対応サービスはどのようなものか?について簡単に整理しておきます。

 

流れを大まかに頭に入れておいてくださいね!

 

 

自分自身で行う初動対応

 

ステップ1 負傷者救護

 

まず最優先で行うべきことは、負傷者がいるかどうかの確認です。もし負傷者がいる場合には、すみやかに119番通報するとともに、可能であれば負傷者を安全な場所に移動させるなどの対応をしましょう。

・負傷者がいるかどうかの確認

・すみやかに119番通報(※救急車の要請)

・負傷者を安全な場所に移動させるなどの対応

 

※ケガの箇所や程度によっては動かさないほうがいい場合もあります。

 

ステップ2 安全確保と警察への連絡

 

負傷者対応が済んだら、事故車両の後方の安全を確保します。具体的には、三角板や発煙筒などで後方の車に事故が発生したことを知らせるとともに、もし車が動くなら、道路脇に寄せるなどの対応をしましょう。そこまでできたら、すみやかに110番通報です!

・事故車両後方の安全確保(三角板、発煙筒)

・自走可能なら道路脇に車両を寄せる

・110番通報(※警察への連絡)

 

ステップ3 保険会社に連絡

 

安全が確保できたら、保険会社に連絡しましょう。保険会社の事故受付センターの電話番号を、あらかじめ携帯・スマホに登録しておくと便利です。保険会社の担当者がいろいろアドバイスしてくれるので、パニックになったらまず保険会社に連絡です!

・保険会社の事故受付センターに電話

・保険会社の担当者から電話口でアドバイスをもらえる

・アドバイスに従って冷静に対応する

 

ステップ4 情報収集

 

保険会社の担当者からも指示があると思いますが、事故相手の氏名、住所、連絡先、車等のナンバー、保険会社などを確認してメモしましょう。車にはメモ帳と筆記具をいつも用意しておくと安心ですね。さらに、もし目撃者がいるなら、目撃者の名前と連絡先を聞いておくことをおすすめします。できれば、警察が来るまでいてもらいましょう。

・事故相手の情報を聞き出す(※氏名、住所、連絡先、ナンバー、保険会社など)

・目撃者がいれば目撃者の情報も聞き出す(※氏名、連絡先など)

・現場の写真を撮る(※車両の損傷状況、周囲の状況など)

 

ステップ5 警察の現場検証

 

警察が到着したら現場検証です。事故の状況を冷静かつ正確に伝えるようにしてください。現場検証が終了したら、保険会社が手配してくれるレッカー車や積載車で修理工場等に運搬します。(※間に合わない場合は警察がレッカー車など手配します。)

・警察到着

・現場検証

・事故車両のレッカー移動

 

 

保険会社の事故対応サービス

 

ステップ6 事故の損害調査

 

保険会社が提携している損害調査会社によって、事故の損害調査が行われます。損害調査の結果で、相手方への賠償金の額や、こちらへの補償金の額などが算定されます。対人・対物事故の場合は、相手方への連絡も保険会社が代行してくれます。

・損害調査会社による損害調査

・賠償、補償の金額を算定

・相手方への連絡等も行ってくれる

 

ステップ7 示談交渉

 

賠償金・補償金の額が折り合いがつかないことは日常茶飯事です。その場合の示談交渉は、保険会社の専任スタッフが代行して行ってくれます。また、複雑な交渉や訴訟などが必要になった場合は、保険会社の顧問弁護士が対応してくれます。

・相手との示談交渉を代行してくれる

・訴訟等の手続きが必要な場合も顧問弁護士が対応してくれる

・交渉の経過報告もしてもらえる

示談交渉は必ず保険会社の担当者にお任せしましょう。というのも、保険会社を通さずに自分で示談交渉すると、保険金を支払ってもらえなくなることがあるからです。まずは保険会社としっかり打ち合わせることが大切です。

 

ステップ8 保険金の支払い

 

相手方との示談交渉などが済んだら、保険金が支払われます。保険の種類によっては、示談交渉を待たずにすみやかに支払われるものもありますし、治療が終わって金額が確定してから支払われるものもあります。

・示談交渉終了

・保険金の支払い

もし被害者から現金(治療費、交通費、休業補償などの名目で)を直接請求されても、すぐに支払ったりせずに、必ず保険会社に連絡するようにしましょう。やむをえず現金を建て替えて支払う場合は、保険会社に必ず事前連絡することと、領収書を受け取るようにしてください。

\見積もり比較で安くなる/




自動車保険比較ガイドのトップページに戻る