【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険の基礎知識2】自賠責保険(じばいせきほけん)

 

「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」とは、車の所有者が必ず加入することが義務付けられている保険です。人身事故を起こした場合に、「事故の被害者」に対して支払われるもので、支払い限度額は以下のようになります。

 

損害の範囲

支払限度額
(被害者1名あたり)

傷害による損害

 

・治療関係費用
・文書料
・休業損害
・慰謝料

 

最高120万円

後遺障害による損害

 

・逸失利益
・慰謝料等

 

神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい傷害を残して介護が必要な場合

 

・常時介護:最高4,000万円
・随時介護:最高3,000万円

 

後遺障害の程度により

 

・第1級:最高3,000万円〜
・第14級:最高75万円

 

死亡による損害

 

・葬儀費
・逸失利益
・慰謝料(本人および遺族)

 

最高3,000万円

死亡するまでの傷害による損害 傷害による損害の場合と同じ 最高120万円

 

自賠責保険では、相手にケガをさせた場合で120万円、相手を死亡させた場合で3,000万円の保険金が出ますが、最近の判例では、死亡で数億円などの莫大な慰謝料が発生してしまうケースも少なくありません。

 

 

つまり・・・

 

 

自賠責保険だけではまったく足りない場合が多く、
もし仮に人身事故を起こしてしまうと、払いきれないほどの
多額の借金を背負ってしまう可能性があるということです。

 

「自賠責保険に入ってるからいいや!」ではなく、
きちんと自動車保険に加入することをおすすめします。

\見積もり比較で安くなる/




自動車保険比較ガイドのトップページに戻る