【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険2-4】搭乗者傷害保険

 

 

【1】「搭乗者傷害保険」とは?

 

搭乗者傷害保険は、契約している車の事故で、自分や搭乗者が死傷した場合に支払われる保険金です。

 

例えば、運転中に事故を起こして、あなたが大怪我を負ったとしましょう。この場合、病院に緊急搬送されて、しばらく入院することになるかもしれません。

 

入院するには、当然お金がかかります。怪我の程度によっては、数十万円単位でお金が必要になることも考えられます。このような費用を緊急に工面(くめん)するのに役立つのが、搭乗者傷害保険です。

 

搭乗者傷害保険と人身傷害補償特約の違い

 

次の比較表を見てください。搭乗者傷害保険と人身傷害補償特約は、一見すると同じようなものに見えてしまいます。しかし、支払われる条件や金額が違うところに注目してください。

 

搭乗者傷害保険 人身傷害補償特約
補償の対象者
  • 契約者本人
  • 契約者の家族
  • 契約車両の搭乗者
支払い条件

契約している自動車の事故で搭乗者が死傷した場合に支払われる

支払いのタイミング 事故後すみやかに 治療費や損害額の金額が確定後に
保証額の目安 5百〜2千万円程度 3千万円〜無制限

 

人身傷害補償特約は治療費などの損害額の実費が確定した後に支払われる保険金です。一方で、搭乗者傷害保険は、ケガなどの部位や症状が分かった時点ですみやかに支払われる保険金です。

 

つまり、事故後すぐに必要となる費用にあてることができるのが、搭乗者傷害保険のとても便利なところです。

 

【自動車保険2-3】人身傷害補償特約

 

保険金の金額はいくらを選べばいいか?

 

人身傷害補償特約をつけていれば、最終的にはそちらで必要な補償金を受けとれます。なので、あくまで一時金として利用する搭乗者傷害保険は、それほど大きな金額を設定しなくても大丈夫です。

 

ケガの治療や当面の生活費などがまかなえればいいので、例えば「5百〜1千万円」程度に設定しておけば十分ではないでしょうか。

 

ちなみに、人身傷害補償特約でカバーすることで、搭乗者傷害保険そのものを扱っていない保険会社もあります。

 

 

搭乗者傷害保険は、事故後に必要になるお金を、すみやかに工面するためのものです。

 

なので、貯金が十分にあって、事故後の急な費用を工面できるのであれば、わざわざ保険を利用しなくてもいいと思います。


 

貯金が数百万円程度あるご家庭で、保険料をなるべく節約したいということであれば、搭乗者傷害保険は外してしまってもかまいません。

 

一方で、貯金が数十万程度のご家庭でしたら、搭乗者傷害保険はつけておいたほうが無難です。当面の治療費・生活費に困ってしまうことがないようにしましょう。

 

【2】「搭乗者傷害保険」についてまとめ

 

補償内容
補償の対象者
  • 契約者本人
  • 契約者の家族
  • 契約車両の搭乗者
補償の概要

契約している自動車の事故で搭乗者が死傷した場合に支払われる保険金です。ケガなどの部位や症状が分かった時点でスピーディーに支払われるのが特徴で、事故後すぐに必要となる費用として役立ちます。

注意事項
  • 酒気帯び運転など、契約者側の重大な過失による事故では支払われません。
  • 支払い対象となるケガの部位や症状などは、保険会社ごとに約款で規定されています。
  • もともと搭乗者傷害保険の設定がない保険会社もあります。

 

保険金額の目安
死亡保険金

死亡した場合には、保険金額の全額が支払われます。事故後180日以内に死亡した場合のみ補償されるケースが多いです。保険金額は500万円程度から2,000万円程度まで選べます。

後遺障害保険金

後遺症が残ってしまった場合には、症状に応じて保険金額の4〜100%が支払われます。

重度後遺障害特別保険金

後遺症の程度が重い場合は、後遺障害保険金に加えて、追加で保険金額の10%が支払われます。対象となる後遺症の程度については、保険会社ごとに約款で規定されています。100万円を限度とするケースが多いです。

重度後遺障害介護費用保険金

後遺症の程度が重く、重度後遺障害特別保険金の支払い対象となる場合は、さらに追加で後遺障害保険金の50%が支払われます。対象となる後遺症の程度については、保険会社ごとに約款で規定されています。500万円を限度とするケースが多いです。

医療保険金

入院・通院が必要になった場合には一時金が支払われます。保険料の目安は、入院・通院4日以内で1万円程度、5日以上で100万円以下(※ケガをした部位や症状による)となります。

※金額は保険会社によって異なります。
※ここで示した数値は参考値ですので目安程度にお考えください。


\見積もり比較で安くなる/




自動車保険比較ガイドのトップページに戻る