【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険2-2】無保険車傷害保険

 

 

【1】「無保険車傷害保険」とは?

 

無保険車傷害保険は、事故の相手が自動車保険に入ってない場合に備えた保険です。

 

もし、相手が自賠責保険にしか入っていないとすると、最高3,000万円の賠償金しかもらえません。これでは困ってしまいますよね。

 

そんなケースで役立つのが、無保険車傷害保険です。無保険車傷害保険に加入していると、最高2億円までの補償が受けられるので安心です。

 

無保険車傷害保険と人身傷害補償特約の補償範囲について

 

無保険車傷害保険と人身傷害補償特約では、補償範囲がかぶっているように思うかもしれません。そこで、少し整理しておきましょう。

 

人身傷害補償特約は、相手が自動車保険に入ってることが前提の保険です。相手の保険からも賠償金が出るので、保険金を3,000万円程度で低めに設定するのが一般的です。

 

一方で、無保険車傷害保険は、相手が自動車保険に入っていないことが前提の保険です。相手からの賠償金は期待できないので、2億円までの高額補償が受けられるように設定されています。

 

相手が自動車保険に入っているかどうかで、どちらが適用されるか変わってくるということです。

 

【自動車保険2-3】人身傷害補償特約

 

無保険車傷害保険に加入しておくべきか?

 

相手が保険に入ってるなら、人身傷害補償特約で、自分のケガなどを補償してもらえます。一方で、相手が保険に入ってないなら、無保険車傷害保険で、自分のケガなどを補償してもらうことができます。

 

 

相手が保険に入っているかどうかは、完全に運しだいです。

 

保険に加入している人を選んで事故を起こすことはできないので、無保険車傷害保険は付けておいたほうがいいのは間違いありません。


 

最近では、自動車保険に入ってない人のほうが少なくなっています。ですが、自動車保険に入ってない(非常識な)人にかぎって、事故を起こしやすいのも事実ではないでしょうか。

 

無保険車傷害保険は自動付帯の保険会社も!

 

ちなみに、無保険車傷害保険は、自動車保険に自動で付く設定の保険会社もあります。つまり、無保険車傷害保険のような必要性の高い補償は、有無を言わせず自動でつけるというわけです。

 

自動車保険は、困ったときに役に立たなければ意味がありません。なので、「こうなったら本気で困る!」という場面を、しっかりカバーしてもらえると安心ですね。

 

【2】「無保険車傷害保険」についてまとめ

 

補償内容
補償の対象者
  • 契約者本人
  • 契約者の家族
  • 契約車両の搭乗者
補償の概要
  • 自分を含め、契約中の車に乗っていた全ての搭乗者に適用されます。本人死亡の場合は、法定相続人に保険金が支払われます。
  • 事故相手の車が自動車保険に入っておらず、十分な賠償資金がない場合に支払われる保険です。
注意事項
  • 酒気帯び運転など、契約者側の重大な過失による事故では支払われません。
  • 歩行中など、契約中の車に登場していないときの事故でも保険金が出る場合があります。
  • 契約者の家族が歩行中の事故にも適用されることがあります。

 

保険金額の目安
死亡・後遺症

1名につき2億円が一般的です。

※金額は保険会社によって異なります。
※ここで示した数値は参考値ですので目安程度にお考えください。


\見積もり比較で安くなる/




自動車保険比較ガイドのトップページに戻る