【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険1-3】対物超過修理費特約

 

 

【1】「対物超過修理費特約」とは?

 

対物超過修理費特約とは、相手の車の修理費が時価額を超えている場合に、「実際の修理費」と「その車の時価額」の差額分を補填するための保険です。

 

対物賠償保険があるのに、なぜ必要か?

 

対物賠償保険では、相手の車の損失額を「時価額」で評価します。時価額というのは、中古車市場の相場価格から割り出した金額なので、古い車などでは時価額が実際の修理費よりもかなり低いことがあります。

 

対物超過修理費用補償特約を付けておくと、修理費と時価額の差額が大きくなってしまった場合でも安心です。

 

保険金の金額はいくらを選べばいいか?

 

保険金額はほとんどの保険会社ではじめから決まっていて、「50万円」に設定されていることが多いです。

 

この50万円のために、保険料割増で特約をつけるかどうか? 費用対効果を自分なりに見極める必要があります。

 

対物超過修理費特約を利用するモデルケース

 

 

例えば、信号待ちをして停止している車に、うっかり後ろからぶつけてしまったとしましょう。

 

この場合、自分の過失割合が100%になるため、相手の車の修理代など、全てこちらで費用負担しないといけません。

 

対物超過修理費特約なしの例(その1)

・車の修理費・・・100万円
・車の時価額・・・80万円(※相手の車が比較的新しい場合)

 

時価額分の80万円は対物賠償保険で支払われる。
差額の20万円はこちらが自腹で負担(泣)

 

対物超過修理費特約なしの例(その2)

・車の修理費・・・100万円
・車の時価額・・・20万円(※相手の車が比較的古い場合)

 

時価額分の20万円は対物賠償保険で支払われる。
差額の80万円はこちらが自腹で負担(大泣)

 

対物超過修理費特約ありの例(その1)

・車の修理費・・・100万円
・車の時価額・・・80万円(※相手の車が比較的新しい場合)

 

時価額分の80万円は対物賠償保険で支払われる。

 

差額20万円×過失割合100%=20万円が対物超過修理費特約で支払われる。

 

つまり、自分の負担は0円

 

対物超過修理費特約ありの例(その2)

・車の修理費・・・100万円
・車の時価額・・・20万円(※相手の車が比較的古い場合)

 

時価額分の20万円は対物賠償保険で支払われる。

 

差額80万円×過失割合100%=80万円を負担することになるが、対物超過修理費特約では上限50万円が支払われる。

 

つまり、自分の負担は80−50=30万円

 

※相手の車が古い場合は時価額が低いので注意
※もし特約なしだとさらに負担が大きい

 

対物超過修理費特約は、必ず必要というわけではありません。対物超過修理費特約が必要になるようなケースは稀だと思いますし、もし起きたとしても示談交渉で乗り切ることも可能だからです。

 

古い車が近くにいる場合には、意識的に車間距離を取るなど、特に注意することが大切になってきます。

 

 

対物超過修理費特約は、保険料としては数百円程度のものです。なので、もし不安だったらつけておくといいでしょう。

 

保険料を安くすることにこだわるなら、思い切って外してしまってもいいと思います。


 

【2】「対物超過修理費特約」についてまとめ

 

補償内容
補償の対象者 契約車両でぶつけた相手車両の所有者
補償の概要 相手の車の修理費が時価額を超えてしまう場合に、修理費と時価額の差額分を補填するための保険です。
注意事項
  • 相手の車がおおむね半年以内に修理されない場合には支払われません。
  • 厳密に言えば、法律上は、時価額を超える金額を支払う義務はありません。ただし、こちらが一方的に相手にぶつけた場合など、被害者感情が激化してトラブルに発展することも多いため、事故後の示談を円滑にするためにも、対物超過修理費特約をつけておくと安心です。

 

保険金額の目安
対物超過修理費 相手の車の修理費と時価額の差額に、過失割合を乗じた金額が支払われます。支払額の上限は50万円程度が一般的です。

※金額は保険会社によって異なります。
※ここで示した数値は参考値ですので目安程度にお考えください。