【自動車保険比較ガイド】損しない自動車保険の選び方を教えます!

【自動車保険見積もり比較7】希望する補償内容や保険金額の設定

 

このページでは、自動車保険の補償内容について、細かく設定していきます。

 

手厚い補償をつけると、それに比例して保険料が高くなってしまいます。ですが、一方で、保険料の安さばかり気にしていると、いざというときに必要な補償を受けることができないかもしれません。

 

安心感と費用のバランスが大切になってきます。

 

ということで、どのような考え方で補償内容を設定すればいいか説明していきます。私自身の事例をサンプルにして、ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

【1】見積もり希望の補償内容および補償金額

 

https://www.insweb.co.jp/

 

対人賠償責任保険金額

(例)「無制限」を選択

 

交通事故を起こしてしまったときに、相手に支払う賠償金を補償してもらうものです。保険料を安くすることだけを考えれば、金額を下げたほうがいいですが、対人賠償は数億円に達するケースもあるため、「無制限」を選んでおくのが無難です。

 

【自動車保険1-1】対人賠償保険

 

対物賠償責任保険金額

(例)「無制限」を選択

 

自動車事故で、相手の車や設備などを壊してしまった場合に支払う賠償金を補償してもらうものです。非常に高額なものを壊してしまって、支払いきれないほどの借金を背負うケースもあると聞きます。対物賠償は「無制限」を選んでおくのが無難だと思います。

 

【自動車保険1-2】対物賠償保険

 

搭乗者傷害保険金額

(例)「1,000万円」を選択

 

契約中の車が事故にあった際に、搭乗者全員が適用対象となる保険です。ケガをした部位と症状がわかった時点で、スピーディーに保険金が支払われるのが魅力です。

 

【自動車保険2-4】搭乗者傷害保険

 

人身傷害補償金額

(例)「5,000万円」を選択

 

契約中の車が事故にあったときだけでなく、歩行中やバスなどに乗っている場合の事故でも補償してもらえる保険です。ケガの治療が終わって、損害額が確定した時点で保険金が支払われます。

 

【自動車保険2-3】人身傷害補償特約

 

車両保険金額

(例)「未定 万円」と表示された・・・

 

車両保険というのは、契約中の車が事故にあった場合などに、車両の修理費等を支払ってもらう保険のことです。もしあなたの車が新しくて価値が高いと思われる場合には、車両保険を付けておくと安心だと思います。

 

ただし、車両保険を付けると保険料がかなり高くなりがちなので、保険料を安くしたいということなら、思い切って外してしまうのもひとつの考え方です。

 

ちなみに、私は、車両保険の項目が「未定 万円」と表示されてしまいました。私の車は初年度登録からすでに11年が経過しているため、車両保険の対象外(つまり車の時価額が0円)ということだと思われます。

 

【自動車保険2-5】車両保険

 

【2】希望する特約

 

https://www.insweb.co.jp/

 

ファミリーバイク特約

(例)「いいえ」を選択

 

バイクにも乗る場合は、付けておくことをおすすめします。ちなみに、自分がバイクに乗るだけでなく、家族が乗るバイクにも全て保険が支払われます。

 

【自動車保険2-7】ファミリーバイク特約

 

運転者限定特約

(例)「本人のみ」を希望

 

運転者が決まっている場合は、運転者を限定してしまうことで保険料を安くすることができます。私の場合は、家族の中で私だけが運転するので、「本人のみ」を選択しました。その他、「家族全員」や「夫婦のみ」なども選べるので、どれか選んでつけることをおすすめします。

 

【3】自動車保険に対する一般的な希望など

 

https://www.insweb.co.jp/

 

保険を購入する際に重視する点をお答えください

(例)「補償と価格のバランス」にチェック

 

この質問は、代理店の営業マンが、保険のアドバイスをするのに利用するものです。ダイレクト型保険だけの見積もりを集めるなら、どれを選んでも変わりません。とりあえず、どれか自分の希望に近いものを選んでください。

 

代理店からのアドバイスを希望しますか?

(例)「希望しない」にチェック

 

「アドバイスを希望しますか?」という質問が分かりにくいのですが、ようするに「代理店型保険」の見積もりも必要かどうかということです。

 

自動車保険には、代理店を通さない「ダイレクト型保険」と、代理店の営業マンが仲介する「代理店型保険」の2種類があります。ダイレクト型のメリットは、中間マージンを削減することで保険料が安くなることです。

 

一方で、代理店型保険は少し高くなってしまうケースが多いですが、プロのアドバイスを受けられたり、手続きを代行してくれたりするのがメリットです。

 

私自身は以前からダイレクト型(アクサダイレクト)に加入していましたが、特に不自由を感じなかったため「希望しない」を選びました。

 

このページでは、自動車保険の補償内容や、保険金額の設定について説明しました。いかがでしたか?

 

専門用語など出てくるので難しく感じますが、ここで説明したことを参考にして、自分に合ったプランを設定してみてください。

 

ちなみに、実際の見積もり結果を見てから、補償内容を調整することもできます。なので、今この時点で考える条件を設定しておけば大丈夫です。

 

それでは第8話【自動車保険見積もり比較8】見積もり請求後の流れは?に進みましょう。

 

 

自動車保険比較ガイドのトップページに戻る

 

自動車保険見積もり比較の最初のページに戻る

 

今回、私が利用した見積もり比較サイトはこちら